稼げる情報商材アフィリエイトを 辞めた方が良い人は、こんなタイプです

PR

かなり好評です!
QPAの購入者特典ページのパスワード受け取り方法
http://blog.livedoor.jp/saitoinfo/archives/1063096391.html

 

斎藤です。

 

いよいよ年末ですね。

クリスマス、大晦日 年明け…とあっと言う間です。

今年の年末は、目一杯遊ぼうかな…と思います^^;

 

さて今日は、

ちょうど会員ページでも書いた事なんで重複になるかも
知れませんが、「情報商材アフィリエイトで稼げない人」という
テーマで書いてみます。

 

情報商材アフィリエイトで確実に稼げないダメダメな人の典型的パターンとは?

 

まず、この市場には、フロントとバックエンドというものがあります。
よく、フロントとバックエンドやアップセルが出てくると、
「これも買わないと稼げないのか?駄目なの?」と
騒ぎ立てる人が居ます。

 

ようは、「自分が買ったものが最高レベルでないと気に入らない」という人です。

 

購入した後に、「もう一つ上の商品」が出てくると
「なんだよ」って思われる人も居るのですが、ここは、非常に大事です。
(買う買わないが正解不正解という話じゃありません。)

 

強いて言いたい事は、

「次々に商品の紹介があって本気で不快に感じる」という人は、
情報商材アフィリエイトでは、稼げません。

 

これ、キッパリ言います。

 

「まだお金を払わないと行けないのか!」とか
マジキレする人は、仕掛ける側に立てないです。

逆に

「なんだよ またかよ」ぐらいなら まだ良いですが、
これは、自分が受け付けない事を人にする事がなかなかできないからです。

 

アップセルやバックエンドがあると
「今買ったもので稼げるのか不安で、
もうやる気なくなります」とか言う人は、情報アフィリは無理です。

 

仕掛ける側になんて到底立てません。

 

過去に一度もこういう事を本音で感るタイプの人が、今まで稼いでいる事例がありませんからね(笑

 

 

売り込みに対して、買うとか買わないは、どうでも良いけど、
売り込まれる事が嫌いな人は、その嫌な気持ちになる事を
他人にやろうとしない。

だから、やっても無理だろう という事です。

 

じゃあ 今からメルマガ読者にフロント1万、バックで20万円の商品を
売り込みましょう! といった課題について、「では、どのように
価値を提供してお金に変えていくか」

これを追求していくことが、情報商材アフィリエイトなんです。

 

 

1000人の読者を集めて100人に1万円の報酬のものを
販売しても100万円ぽっちです。

そして翌月にまた100万円稼ごうと思うと…とシュミレーションを
立ててみて下さい。

 

1度きりの人ではなく多数の人をどのように集めていくかが肝になるんです。

 

毎月稼ぐとなると、リピーターは重要で、何度も何度も継続して
買い物するお客さんを捕まえないといけないし、尚且つ
買っても買っても結果が出せなければ、離れていきますので、
それなりの「価値」が必要になるけど、1人の購入者が何ヶ月に1回買うかどうかより
1ヶ月に何度も買って貰う方が利益に繋がるのです。

 

まだまだ一部ですが、ここ最近のアカウントで言うと、このように
1000件以上の成約がある事が分かる筈です。

 

数字

これはアカウント内の総額数字ですが、
赤枠の部分に関しては実質、3ヶ月から4ヶ月前後の総本数です。

 

まだまだ他にもあるのですが、
1本1万円以上のものが大半ですので、このサブアカウントだけでも
それ相応の利益が出ている事は、明白に分かるでしょう。

 

1個の商品でも300万、400万の利益が出ているのですが
この数字が良いとか悪いとかじゃなくて、
「何度も売り込みされるのが気分悪い」と思える人は、
そういう行為をやろうとしないので、もはやこの時点で
頭打ち…なんです。

 

数万円のものを 売れば次に30万とかでも価値があるなら売る。ここで
「どうやれば 売る事ができるか」という事を追求するのが情報発信の世界なのです。

 

どんだけ綺麗事を並べても
「物が売れないとお金にならない」わけですから
売る事を考えないと稼げないんです。

 

とまあ、細かい事は、この辺にしておくけど、仕掛けると言う事は、
常に価値と引き替えに誰かにお金を払って貰う事が大事だって事ですね。

 

「読者にとってプラスになる」と思えるなら、
どんどん連続売り込みでも僕は良いと思うんです。

 

だからこそ考えるべき事は、

「いかにして商品を売る為に仕掛けるか。」です。

 

できるとかできないじゃないんです。

 

買う買わないはどうでも良いけど、
「何度もセールス」される事で不安になるとか、嫌いな人」は、
自分がそういった行為ができないから稼げないというだけです。

 

でも、チヤホヤされて、自己満足レベルを高めたり
素晴らしい人だとだけ見て貰いたい人においては、
それでも良いと思いますけどね^^

 

普通に綺麗事だけじゃ稼げないし
綺麗事だけを並べる人は、信者が多くても
ろくに稼げていないです。

 

 

そもそも、月に100万稼ぐには、どれだけ
人を集めて どのぐらいのペースで売り続けないと
金にならないか?などを考えてみると良いと思います。
フロント商品を購入して、
「20万、30万の優れた商品」が出てきた時点で、
本気で心底から「不謹慎」と考えて文句が出てしまうようでは、
結果、自分もそういった行為ができないのと同じという事です。

 

つまり人に商品を薦めて売る事ができない人には、
情報商材アフィリエイトは、向かないし大金を稼ぐ事が
できないという事ですw

 

大きいお金を稼ぎたいと考えていても、
その目先の利益に釣られて、取り組んでも
肌に合わないって事になるんです。

 

売る行為に罪悪感を感じるようでは、まず無理です。

 

また、売れた時のクレームを気にする人が居るのですが
100万、200万、それ以上となると関わる人間も増えてきます。

 

1000人が1000人満足できるものを追求しても作れる事もできないものです。

だから時には、否定的な事を言われるとか、
クレームだって数が増えれば一定割合でるもの。

 

いちいちそんな事まで気にしだすと回転が回らなくなるって一面もある。

なので 肝っ玉小さいと大きく稼げない市場でもあるって事です。

テレビに出ている無害の芸能人でさえも
ちょっとした事で、あーだのこーだの批判する輩が居るのに
金を払って貰って商品を購入して貰うのだから 当然といえば当然ですけどね^^;

 

ま、言いたい奴には、言わせておけば?ぐらいの
図太い神経も 情報市場で大金を稼ぐには、必須です。

 

 

仕掛ける側と仕掛けられる人は、根本的に違う。

でね…、

基本的に情報商材アフィリエイトというものは、

仕掛ける側、いわゆる情報発信する側の人間は、
仕掛ける人は、「お金を稼ぎたい人」を見つけていかにして
売り込むか、お金を払って貰えるかを意識して
コンテンツやメルマガを作成していくというわけですね^^;
(あくまでもビジネス系のジャンルでの話ですが)

 

他のジャンルでも 悩みや願望を満たせるものを
前提に売るので、方法としては、ジャンルが違っても一緒です。

 

一方で仕掛けられる側は、そういった情報を見て、お金を出して情報を買う人達です。

 

 

まあ、○○円儲かる方法というものがあったとして、それを見て、
○○円儲かる方法を教えて欲しいと考える情弱思考か、
「どうやれば ○○円儲かる方法を売れるのだろうか」と考えるかの違いです。

 

誰が見ても分かるけど儲かる方法とか言って
情報を売る方が一番最高に儲かるわけですから、そのステージに
立つ事を考えていくべきですね。

 

そもそもアドセンスなどのアフィリエイトで稼ぐ方法を学ぶよりも
アドセンスやアフィリエイトで稼ぎたい人に情報を売る方が利益率が
高いわけだから当然といえば、当然ですよね^^;

 

これが、情報市場の基本的な仕組みで、常に
仕掛ける側が主導権を握り、一番儲かるって事です。

 

でも 儲かるお金だけを見て、やるぞってのは、
根本から自分が変える気がないと到底続かないし
うまくできないと言う事です。

 

ここは非常に大事なポイントです^^

 

もはや、実績の有り無しなんて関係ないですからね。

 

情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法は、こちら

 

というわけで、斎藤でした^^

 

最近アクセスと報酬が短期的に増え続けて、
今まで未体験の結果が出ている人が多数出ている
ガチな新手法ノウハウ

http://blog.livedoor.jp/saitoinfo/archives/1061773822.html

 

最新記事はこちら

メールマガジンエキスパートメールとメールマガジンに対する考え方「メルマガだけは、もう古いのか?」

副業のメルマガ

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人 斎藤

ブログの中の管理人 
年収「億」




斎藤です。
現在、インフォ業界で
表に出ずに月収ペースで
平均700万~1000万程度
コンスタントに稼いでいます。


学歴は、中卒
パソコン音痴からの0スタート。
お金を稼ぎたくて、
追及に、追及を繰り返してきました。




ネットビジネスマーケッター
斎藤やすの公式ブログです。



僕の個人の実績は
こちらでも公開しています。


斉藤の実績や
プロフィールはこちら。

副業に役立つメルマガ登録

このページの先頭へ