住宅ローン審査「自営業者の審査基準が高すぎる」通過する方法

斉藤です。

 

本日は住宅ローンについて少し触れてみたいと思います。

 

例えば事業者ですね。

 

家を買いたいと言っても、

一括現金購入とはいえ

5000万前後は一般的に必要となりますが

なかなかそんな現金を持ち合わせている人は

少ないと思うんですよね。

 

 

そこで出てくるのが銀行などのローンです。

 

基本的には、審査に関しては色々とありますが

事業主よりも 個人の方が通り易い傾向にあるんです。

 

 

自営業者よりも個人の方が住宅ローンにとおり易い?

 

参考までに言うと→住宅ローン審査 http://blog.livedoor.jp/saitoinfo/archives/1020992289.html

実際に興味半分、買う気半分で

銀行でローン審査をかけてみました。

 

僕の収入は主にネットビジネスで

申請金額は6000万円の30年払いってところです。

 

 

個人だと源泉徴収の書類だけで

良い筈なんですが、会社経営とかになると

決算書3期分を求められる。

 

 

これを見て貸しても問題ないかとか

見るんでしょう。

 

あと土地の評価額とか今までのローンの

支払状況とかですね。

 

とくに厄介なのが車のローン。

よくこのローンを一括返済を条件にされるケースも

結構あるようです。

 

 

住宅ローンに通らないケース

 

金融事故 つまり未払いなどで事故扱いにされた場合。

 

気をつけたいのがカードの切り替えなどで月額サービスなどが

引き落とせなくなったりした場合とか長期間放置してると

これも事故になるケースもあります。

 

 

年収を考えて支払能力が劣る場合

 

返せないと判断されればアウト。

借りる額と年収の割合は5~6倍と

言われているようです。

自営業者で、法人なら役員報酬が該当する感じです。

年収1000万円で、5000万~6000万円が許容範囲内と言う感じです。

 

ただ3000万の年収があれば1億5千万通るかというと

結構微妙なところだそうですが…額が上がるにつれて

審査もより厳しくなるようなイメージだそうです。

 

それと後は、勤続年数、

会社など自営業者の場合は

会社の決算で問題がないかどうかも審査対象。

 

あとは年齢。おおよそ30年とした場合でも

70歳から75歳で完済する計画が一番なのではないかと思うところです。

 

つまり若い間の方が審査にも通り易いので目安は

30代~40歳くらいが結構ギリギリの境界線じゃないかとも思いますね。

 

また、土地や建物も担保として抑えられるので

実質、土地や建物の評価額も審査基準に入るってところですね。

 

まあ愚痴というかつくづく思う事は、国と審査機関が関係無いにしても

どう考えても税金などを考えると多く支払っている自営業者を
優遇して貰いたいものだと思いますよね(笑

 

住宅ローンの審査に通り難い事業者

 

数字が出ていても、「どんな事業内容なのか」も
重視されるようです。

 

ある意味、利益とかが少なくても継続性が
期待できるような業種ほど有利で
ネットビジネスのように不透明なものとかは、
厳しいようです。

 

僕の場合は、主にアフィリエイトなどなので、綺麗に言えば広告業。

 

とは言っても、決算書などを見ると、かなり意味不明な金額なので
やっぱり審査機関も調べるようです。

 

取引先などについても尋問されたし…(笑

 

何よりも一番怖かったのは、赤字決算をしたものが3年前に
あったんですね。役員報酬でがばっと取ったのが
原因なんですが税務上、会社で取るか個人で取るかで
都合よくやって貰ってたわけですが
実際に審査を通して感じた事は、会社も信用を高める意味でも
それ相応に信用を付ける為に黒字を積み上げている方が
良いんだなーというところですね。

 

ついついアフィリエイトとかで法人化した場合
役員報酬で根こそぎ取るというのが、よくあるパターンですが
会社にもお金を残してちゃんと利益計上するようにしておく方が
確実に良いって事です。

 

副業のメルマガ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人 斎藤

ブログの中の管理人 
年収「億」




斎藤です。
現在、インフォ業界で
表に出ずに月収ペースで
平均700万~1000万程度
コンスタントに稼いでいます。


学歴は、中卒
パソコン音痴からの0スタート。
お金を稼ぎたくて、
追及に、追及を繰り返してきました。




ネットビジネスマーケッター
斎藤やすの公式ブログです。



僕の個人の実績は
こちらでも公開しています。


斉藤の実績や
プロフィールはこちら。

副業に役立つメルマガ登録

このページの先頭へ